空白の翻訳

by 1031jp

どんどん書きましょう

 

現在メインで執筆している月刊誌の今月分の原稿を全て書き上げ、都心にあられの舞う中、一人鍋をつつき一杯やって酔い心地、熱いお風呂に浸かって映画でも観ようかそれとも寝ようかどうしようかうふふふふという午前十時、このまま夜まで起きていて生活リズムを戻すという考え方もありますが、いずれにせよ今日からまた音楽づくりに戻れる、これほど嬉しいことはありません。

 

自分の内側でも外側でも、予想もしていなかった色々なことが日々起こりますが、ぼくはぼくの表現を誠実に磨き続けることでしか自分の存在を実感できず、またこの方法で贖罪をする選択肢を与えられたことへの感謝を忘れずに創作を続けていかなければなりません。