空白の翻訳

by 1031jp

どんどん書きましょう

 

会社や学校のように毎日通う場所もなく、家族もなく、食事の時間も回数もばらばらで、とうとう睡眠も失ったいま、一日を区切るのが習慣として残る「『寝る前の』歯磨き」ぐらいになっている。ちなみに今日のそれは数時間前に済ませた。つまり、「昨日の」とするべきか。

 

テレビの線は抜いてあるので、社会との接点がラジオとインターネットしかない。こちらからも発信できるという意味ではインターネットだけだ。自分から誰かにメールするのはすごく大変で、インターネットに何か書くのとは消費する精神力が大きく違う。この辺りの感覚をある程度改善できれば、自分から誰かに連絡を取れるようになることで、孤独も薄れ、社交性も獲得できるなどあれこれ好転するかも知れない。

 

無精髭がひどい。日曜にライブをやってから、日用品の買い物に数回出たのを除いてずっと家にいたが、そのうちのかなりの時間をものすごく無為に過ごしてしまい、おおいに落ち込んだ。今月は借金が増えてしまったのもこたえた。そういう意味でも人に会ったりどこかに出かけたりできず、悪循環だ。

 

ここから人生巻き返すことができるのだろうか。

勇気がふやけてきている。