空白の翻訳

by 1031jp

どんどん書きましょう


この数ヶ月よく自分の人生みたいの考えてて、ぼくはぼくのこの身体でいまからどこまで色んな体験できるかっていうののぎりぎりのエッジを攻めていきたいっていうのがある


どんぐらいで命落とすかとか、それは極端にしても体調悪くなって苦しむとかステロイド増えるとか借金増えるみたいに結果的に先の自分に被さってくる負債があって、でもそれでもいまこの体験をしたいんだ、みたいなところを尊重する姿勢で色んなことをガンガン体験していきたい。


そのために普段からなるべく食べ物に気をつけたり、身体を強く大きくしようとしたり、お金をできるだけ手に入れたりしておきたいという方向


とにかく失うものとか守るものがなんにもないというのが大きくて、だったら色々やってやろうみたいな感じ
たぶん身近に人がいたらすごい怒られるようなことがいっぱいあるんだけど、completelyひとりだし、なんぴとたりとも近付けるつもりはない。運命の人に明日出会わなければ。


最初にこの数ヶ月で考えてると書いたけど、この一、二年ぐらいで今までの自分の生き方に関する考えとか何年も真摯に誠実に努力してきたことが実態を伴って強制的に空っぽになっちゃうようなことがいくつかあって、それらを経てまとまってきた人生観は、誰かのために生きるっていうのは絶対にありえなくて、なんであろうとそれは自分のために生きてるってことです
感覚が言葉として形になってきたのは去年の後半ぐらい


そういうのもあってこの数ヶ月の考え方がでてきてるのかもしれぬな
自殺するよりましなことの限界をぶっこんでいくみたいな感じ