読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空白の翻訳

by 1031jp

真夜中

ホテルみたいでも明らかにホテルと違うのは

夜中にサイレンが何台も近づいてきて

そのサイレンが決して遠ざからないことや

誰かが咳き込む音がひっきりなしに聞こえてくることや

ピッピッという機会音がどこかしらで鳴り続けていること

 

東京の反対側で

眠れずに窓から夜景を見ているとき

そんなことを考えていた

 

誰のことも思い浮かばなかった